|  火星人プラスなHOME | | 2008年11月 »

【'09火星人+との相性運】天王星人

★天王星人+[乱気→財成] 相手を全面的に受け入れて

今年の天王星人+とはぜひとも関わりを持つようにしてください。仕事では、精神的に浮き沈みの激しいあなたを上手くフォローしてくれます。
ただし、あまりに頼りすぎると、相手はあなたとの距離をおこうとするでしょう。
さまざまな面で恩恵を受けたいのであれば、ルーズな相手を全面的に受け入れなければなりません。

★天王星人−[乱気→再会] 相手に素直に従うといい関係が

考え方から生き方まで違う2人で、しかも運気まで正反対ですから、ギクシャクして当たり前。敵対していがみ合うことも避けられないかもしれません。

ただし、好運期の天王星人−と関わりをもたないのはもったいない話です。付き合い方によっては、経済的な援助やトラブル解消をしてくれるとても貴重な存在となります。
主導権を相手に与えて素直に従うことができれば、うまくいくでしょう。


(引用&もっと詳しくは:平成21年版 六星占術による火星人の運命)

【'09火星人+との相性運】火星人

★火星人+[乱気→乱気] すべてが裏目に出る組み合わせ

似たものどうしの2人は、一緒にいるとすぐに意気投合するのですが、今年はできるだけ距離をおいたほうがよさそうです。
ビジネスでは、よかれと思ったことがことごとく裏目に出てしまうため、トラブルの連続、失望と自信喪失の繰り返しとなりかねません。

恋人同士も、火星人のプライドの高さとわがままな性格が表面化し、まともにぶつかってしまうので、ケンカの絶えない一年となりそうです。

★火星人−[乱気→達成] あなたを励ましてくれる相手

今年の火星人−は、落ち込みがちなあなたを励ましてくれる存在となります。
去年までとは打って変わって快調に飛ばす相手に、多少は戸惑いを感じるかもしれませんが、信頼してついていきましょう。

仕事でも恋愛のことでも、悩みがあったら火星人−に相談してみてください。適切なアドバイスはもちろん、解決に向けて一緒に汗を流してくれるはずです。


(引用&もっと詳しくは:平成21年版 六星占術による火星人の運命)

【'09火星人+との相性運】金星人

★金星人+[乱気→健弱] 一年の辛抱と思って忍耐強く

今年の金星人+とは、一緒にいると危険がともなうことを覚悟してください。
ビジネスパートナーなら、意見の食い違いから激しく衝突、巨額な負債を抱えてしまう恐れも。

恋人どうしや夫婦にも危機が訪れそうです。
どんな関係の二人にとっても、今年が正念場です。
お互いに思いやりを持ち、譲り合うことができれば、来年は大輪の花を咲かせる素晴らしい組み合わせとなります。
今年一年の辛抱です。

★金星人−[乱気→立花] あなたにとって目障りな存在

好調の波に乗っている今年の金星人−は、あなたにとって些細なことさえ目障りに感じる存在となるでしょう。
相手がよかれと思ってアドバイスなどをしてきても、あなたは素直に聞き入れることができません。
だからといって、「売り言葉に買い言葉」は禁物です。

恋人どうしも気持ちがかみ合わず、関係がギクシャクしがちです。結婚はもちろん、一緒に旅行などに出かけるのも控えた方がいいでしょう。

(引用&もっと詳しくは:平成21年版 六星占術による火星人の運命)

【'09火星人+との相性運】土星人

★土星人+[乱気→緑生] 衝突は避けられない二人

今年のあなたは、その気まぐれな言動に拍車がかかり、周囲を振り回します。そんなあなたを律儀で潔癖な土星人+が許すわけがありません。
2人の関係が深ければ深いほど、衝突は避けられないでしょう。

仕事でペアを組む場合は、あなたが言いたいことをグッとこらえ、相手に従えば、多少なりとも成果を出すことができます。

恋人どうしなら、ひと波乱やふた波乱は覚悟。破局という最悪の結末を迎えることもあるので、感情的になってはいけません。


★土星人−[乱気→種子] 我慢して付き合えば収穫のある相手

今年の土星人−には、できるだけ冷静に対応してください。
会社の上司や夫婦、恋人どうしの場合は、不信感を抱いても決して相手に逆らってはいけません。
いったん衝突してしまうと、もとのサヤに戻すことがむずかしいばかりか、おいしいところは全部相手にとられてしまいます。

ただ、あらかじめそれを承知で付き合えば、仕事や勉強では効率アップのためのノウハウを学べるなど、目に見えない財産を得ることができるでしょう。

(引用&もっと詳しくは:平成21年版 六星占術による火星人の運命)

【'09年運勢】財運

火星人+の人は無駄な支出がつづき、赤字に悩まされる一年になるかもしれません。
ほしいものが次から次に出てきますが、本当に必要なものかどうか、妥当な値段かどうかをよく考えてください。

家族や友人との間でも、金銭的なトラブルが発生する恐れがありますから、小額といえども金銭の貸し借りは控えましょう。相手が恋人でも、きっぱり断ることです。

ただし、冠婚葬祭などの出費は惜しんではいけません。訪問先への手土産にも気を配りましょう。休み明けなどには職場に差し入れを持っていくのもいいでしょう。
そうした労力と心遣いが、かならず将来のプラスになります。

(引用&もっと詳しくは:平成21年版 六星占術による火星人の運命)

【'09年運勢】仕事・勉強運

火星人+の人は、仕事や勉強で成果を出すことが、かなり困難な一年となります。
順調に進めてきたことに問題が生じたり、壁にぶつかることもあるでしょう。

どんなに辛くても、持ち前の忍耐力で困難を克服してきた火星人ですが、今年は問題に直面したらいったん身を引き、客観的にながめるようにしてください。
やみくもに前進するだけでは周りが見えなくなり、大きな損害を被ったり、資格やポストを剥奪されるような絶体絶命のピンチを招く恐れがあります。

"乱気"の時期に、冷静な気持ちを保ち続けるのは並大抵のことではありません。判断力や情報の分析力が鈍りがちになりますから、とにかく、こまめに気分転換を心がけてください。

ストレスをためないようにすることも大事です。ちょっと調子がよくないと感じたら、無理はしないで休養をとりましょう。

(引用&もっと詳しくは:平成21年版 六星占術による火星人の運命)

【'09年運勢】恋愛・結婚運

自分の気持ちをコントロールできなくなるほど、感情面が不安定になりがちです。異性に接するときにはそれが顕著に出てくるので、真剣に付き合っている相手ほど、多少距離を置いたほうがいいかもしれません。

過去の悲しい経験がトラウマとなって、悲観的になりがちなのも今年の大きな特徴です。新しい恋の期待はできないばかりか、ふだんなら相手にしないような異性にもだまされて、精神面だけでなく経済面までも脅かされるおそれがあります。

たとえ相手が信頼できる人、心の優しい人であっても、今年関係を深めてしまうと、楽しい恋愛期間はほんのいっときで終わりかねません。同棲や結婚も、年内は避けたいところです。

付き合いの長い恋人どうしや夫婦であっても、あなたの方が何かと感情的な言い方をして、2人の間に溝を作ってしまいがちです。すぐに相手の落ち度を追求せず、しばらく様子を見ましょう。そうすれば、関係修復のきっかけがつかめるはずです。

(引用&もっと詳しくは:平成21年版 六星占術による火星人の運命)

【'09年運勢】全体運

「中殺界」の"乱気"に入りますから、年頭から気を引き締めてかからなければいけません。
仕事や勉強、恋愛についても試練の一年になると覚悟してください。

とりわけ人間関係では、気心の知れた人ほど慎重に接してください。「親しき仲にも礼儀あり」が、今年の火星人+には欠かせないモットーと言えます。
また、煩わしいとかんじる相手や、関わりたくないと思う人ほど、なにかと時間をともにすることが多くなりますが、避けたり軽んじたりするのは禁物です。

「殺界」の時期は、嫌なことから逃れようとしても、かえって裏目に出てしまいがちです。今年一年は、何事も楽観的に捉え、シビアに考えすぎないように心がけたいものです。

(引用&もっと詳しくは:平成21年版 六星占術による火星人の運命)

【'08年運勢】財運

火星人+の人にとって、2008年は財運が絶好調です。
元々浪費家の火星人ですが、この年は衝動買いしても、無駄なものや後悔するものを買う心配はありません。逆に思ってもみないような値打ち物を手に入れる可能性も。
アンティークショップや古着屋などに、こまめに足を運んでみるとよいでしょう。

これまでなにかと出費の多かった人も、この年は"金は天下の回り物"のことわざどおり、使ったお金がすぐに戻ってくるはずです。

ただし、せっかくの好運期なのですから、苦手な貯蓄にも挑戦してみてください。
家計簿をつけたり、5百円玉貯金でもよいでしょう。
習慣にしていけば、翌年訪れる"中殺界"でも、慌てふためく必要がありません。

(引用:六星占術による火星人の運命

【'08年運勢】仕事・勉強運

火星人+の人にとって、これまでの努力が一気に開花する時期に入りました。
ひとつのことを掘り下げてきた火星人ならではの成果が、目に見える形となってあらわれるでしょう。

上司や先輩に恵まれ、広く意見やアドバイスを聞き入れていくことができます。
またそれを活用して、自分の課題を克服することができるでしょう。
失敗を恐れず、自信と信念を持って取り組んでいけば、最後はかならずいい結果を生むはずです。

ただし、長期計画でことを進めるのは、あまり好ましくありません。目標は年内に定め、そのうえでやるべきことを明確にしましょう。

これまで苦手としていた分野はもちろん、新しい可能性に挑戦するチャンス到来です。
軽い気持ちではじめるにしても、一流のスクールや先生を求めることをおすすめします。
なぜなら、そこで学んだことは、すぐには仕事や勉強に役立たないかもしれませんが、あなたの精神面を向上させ、お金には換えられないものを身につけることができるはずです。

(引用:六星占術による火星人の運命

【'08年運勢】恋愛・結婚運

自分の理想や信念にそぐわない異性には見向きもしない火星人ですが、今年の火星人+の人は、そうした頑な態度をやわらげ、誰とでも気軽に接してください。異性に対する価値観がガラリと変わることも。

また、異性に対する態度にも自信がみなぎり、どんな立場の相手であっても積極的に関われるようになります。
自分とは住む世界が違うと思っていた異性との交流が生まれたり、"玉の輿"に乗る可能性もあるでしょう。
華やかな恋愛経験が積める一年になるはずです。

条件にこだわりすぎ、これまで見合いを断ってきた人も、紹介されたらまずは会ってみましょう。
大恋愛を夢見るあまり身近な異性に本気になれなかった人も、結婚という具体的な話題を念頭においてみてください。

翌年には運気が下降するので、思いがけないことで悩んだり、障害がでてくることも考えられます。"善は急げ"で、年内にゴールインできるよう話を進めていきましょう。


(引用:六星占術による火星人の運命

【'08年運勢】全体運

12年の運命周期の中でも最高の"達成"という運気に入ります。
現状打開はもちろん、あなたが思っている以上の前進や開拓も夢ではありません。
ただし、翌年には"中殺界"に入ってしまいますから、この一年が勝負です。

ひとつのことにこだわりがちな性格から、余計なことに時間を費やしてチャンスを掴み損ねることも考えられます。
今年一年は選り好みをしないで、差し出されたものを素直に受け入れていきましょう。

目の前の課題には一心不乱といっていいほど真剣、かつ全力で取り組むことです。
即断即決、迅速な行動をモットーにすすんでいけるかどうかが、この一年を有意義なものにしていけるかどうかのカギといえます。

周囲の信頼を集められるのも、今年の大きな特徴です。かたよりがちな友人関係にも広がりがみられ、そこから仕事や恋愛、趣味などにもいい結果がもたらされそうです。

人と接するときのポイントは、これまでの偏見を取り去り、ゼロから相手を知ろうという努力をすることです。そうすれば、意外な側面を見出せ、喜びをもたらす付き合いになるはずです。

(引用:六星占術による火星人の運命

【火星人+との相性運】木星人&水星人

★木星人+[達成→安定]確実な道を選択させてくれる相手

木星人+の持つ堅実な性格を鬱陶しく感じることも多かったでしょうが、今年は逆に心地よく感じるはずです。
とくに仕事仲間なら、経理や事務などの面であなたをがっちり支えてくれるので、思う存分活躍することができます。
確実な道を選択させてくれる存在となりますから、木星人+がそばにいたら絶対に離さないでください。
夫婦、親子同士でも、これまでにないいい関係を築けます。結婚にも最適なタイミング♪


★木星人−[達成→財成]仕事でペアを組めば高収入の期待

仕事の面で業績をあげたいなら、上司や同僚などに木星人−がいないか探してください。
今年の木星人−なら、あなたの企画を実現する力強い支援者になってくれますし、高収入をもたらしてくれることもおおいに期待できます。
恋人同士の場合も、お互いの欠点を補うことができるので、一生の思い出に残る素晴らしい一年となりそうです。
結婚も、年内ゴールを目指して。

☆コメント
今年は好運期同士、なかなかの相性運のようです♪


★水星人+[達成→停止]トラブルの火種のような存在

何事にも意欲的に取り組むあなたの足を引っ張るのが、今年の水星人+です。上司や同僚なら自分の失敗をあなたに押し付けようとするなど、まさにトラブルの火種のような存在といっても過言ではありません。
これまで終止符を打てなかった異性ともいよいよ別れるときがきました。ダラダラと関係を続けている相手とは、はっきりその意思を伝えるよう努力してください。


★水星人−[達成→陰影]付き合うなら財布のひもをゆるめないこと

去年までは経済面で頼りになった水星人−ですが、同じ調子で頼ってしまうと、今年はとんでもないしっぺ返しを食らってしまいます。
相手が恋人や家族なら、買い物や旅行で高額な出費をするのは危険です。支払う能力がないので、あなたが全額を負担する結果になりかねません。
どんな関係の相手であっても、あなたは財布のひもをゆるめないでつきあうしかないでしょう。

☆コメント
今年殺界の水星人とは要注意のようですね。まさに、"火"と"水"の関係!?(笑)

(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人+との相性運】火星人&天王星人

★火星人+[達成→達成]目標まで最短距離で到達できる2人

仕事では、目標まで最短距離で到達できるのが、今年の火星人+ペアといっても過言ではありません。
友人同士でも、2人で計画したことが大きな反響を呼び、ビジネスにつなげることもできるでしょう。
また、相手が異性なら、電撃結婚や玉の輿結婚も夢ではありません。


★火星人−[達成→健弱]親身になっても気が滅入るだけの相手

今年の火星人−は、あなたに実りをもたらす相手とはいえません。
同じ星人どうしのため、相手の気持ちが手に取るようにわかり、同情心もわいてきますが、どんなに親身になって相談に乗っても、気が滅入るだけです。
ただ、腹の立つようなことがあっても、理不尽な結果になっても、決して相手を批判しないこと。来年は立場が逆転し、相手からの援助が必要となるからです。
夫婦や恋人どうしなら、ある程度距離を置き、干渉しないように。

☆コメント
けっこうまわりに火星人が多いので。プラスか、マイナスか、で気を付かないとw


★天王星人+[達成→再会]相手の人脈を活用して大きな成果を

今年の天王星人+は"再会"という好運機ですから、あなたの長所を最大限に引き出し、幅広い人脈を活かし、大きな実りをもたらしてくれるでしょう。
仕事で一緒に組めば、大きな成果を得るとともに、報酬もグンとアップさせることができます。
異性なら、迷わずアタックしてください。ドラマチックな恋愛に発展することは間違いありません。結婚にも最適な年です。


★天王星人−[達成→乱気]距離を保ちながら適切な対応を

今年の天王星人−は、中殺界(=乱気)のため、精神的に不安定になっています。予測がつかない行動をとることも多く、どう対処していいか不安になるでしょう。
相手が恋人でも、職場の上司でも、一定の距離を保ちながら、適切な対応を心がけて接したほうがよさそうです。
そのかわり、来年は立場が逆転するので、無下にはしないこと。

☆コメント
火星人にとっては、比較的相性はよい方である天王星人。プラスとは親密に、マイナスとは距離を保ってw

【火星人+との相性運】土星人&金星人

★土星人+[達成→種子] 目的成就には欠かせない存在

今年の土星人+は、あなたの気まぐれな面をがっちり支え、目的達成に向けて実力をフルに発揮する強力な手助けをしてくれます。
職場の上司や学校の先生に土星人+がいたら、アドバイスを求めてください。
恋人どうしなら、経済面でも愛情面でも磐石な家庭を築く最高のパートナーとなります。思い切ってあなたからアプローチしてみてください。


★土星人−[達成→減退] 近寄らない、近づかせない要注意人物

その日の気分で言動が大きく影響される火星人+と、思ったことでもすぐには口にしない熟考型の土星人−は、まったく正反対の性格です。
運気も天と地ほどの違いがあるので、どんな関係であっても息を合わせるのは困難といっていいでしょう。
今年はとにかく近寄らない、近づかせない要注意人物と思ってください。

☆コメント
そもそも火星人と土星人の相性は悪いみたいですねー。とくに、土星人−とは最悪とw


★金星人+[達成→立花] すべてにおいて最強のコンビ

今年の金星人+に出会うと、一目ぼれしてしまうでしょう。そして、その日のうちにベッドインなどということもあるかもしれません。
恋人どうしなら、年内に結婚できるように話を進めてください。
異性にかぎらず同性でも、出会った瞬間に信頼感を抱き、相手から多くのことを吸収できます。
いずれにしても、今年の2人は最強コンビですから、相手が金星人+とわかったら、つかんで離さないことです。


★金星人−[達成→緑生] ありのままの自分をぶつけられる相手

基本的に熱しやすく冷めやすい2人ですが、今年は将来へ向けて確固たる信頼関係を築く絶好機といえます。
仕事のパートナーなら、あなたのアイデアや計画をスピーディーに具体化し、大きな実りをもたらしてくれることは間違いありません。
恋人どうしなら、思い切って結婚へと踏み切ってください。子宝に恵まれた、温かい家庭を築けます。

☆コメント
火星人にとってもっとも相性がよい金星人。今年はとくに相性バッチリのようですw

【火星人+との相性】戌年&亥年

☆戌年生まれの人 [恋愛から結婚へと進展する関係]

火星人+にとって、戌年生まれの人は息のぴったりあう、空気のような存在です。何もいわなくても、お互いに考えていることがわかりあえるからです。
ですから、遠く離れていても心が通じ合う関係になれます。
恋愛から結婚への進展もスムーズです。
結婚後は、早く子どもを持てば、いっそう充実した家庭を築けます。


☆亥年生まれの人 [結婚が病気を呼ぶ関係]

火星人+の前では、根っからの快楽主義者となれる亥年生まれの異性は、けっして憎からぬ存在のはずです。
しかし、平気で浮気をしたり、あなたの性的能力をなにかにつけて批判したりする亥年の相手には我慢できなくなるときがきっと訪れるでしょう。
結婚したとたんに健康が損なわれる恐れのある相性ですから、注意が必要です。
経済的にもあまり発展性は望めません。仕事仲間としても物足りない相手といえるでしょう。


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人+との相性】申年&酉年

☆申年生まれの人 [理想的な恋人どうし]

火星人+にとって、申年生まれの人はいつも新鮮な驚きを与えてくれる存在です。
友人なら、あなたの知らないさまざまな情報を提供してくれますし、あなたに未知の世界も見せてくれるでしょう。

また、会社を興そうと考えている人なら、申年の人に協力してもらうことです。
あなたが思っている以上に大きな会社に成長させてくれます。

恋人としても、出会ったときの感動を忘れない理想的なカップルとなります。


☆酉年生まれの人 [感性を磨きあって才能を伸ばす相性]

酉年生まれの人は神経質ですが、火星人+と一緒にいるとギスギスしたところがなくなってくるので、とてもバランスがとれた組み合わせとなります。

火星人+と酉年の人は交際することによっておたがいの感性に磨きがかかり、感覚の鋭いカップルとなります。

仕事でコンビを組んでも、火星人+のフィーリングを酉年の人が現実のものにしていきます。とくにクリエイティブな仕事なら、最適なパートナーとなります。


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人+との相性】午年&未年

☆午年生まれの人 [押しつけがましい離れていく相手]

午年生まれの人の軽さに、人見知りする火星人+は、不信感を抱きます。
ただ、一度関係を結んでしまうと、強烈なセックスアピールに、あなたはすぐに午年生まれの虜になってしまいます。
ところが、あなたが結婚話などを匂わせると、相手はさっさと離れていってしまいます。たとえ、結婚できてもあなたが押しつけがましい態度をとれば、簡単にあなたや子どもを捨ててしまうかも。
なので、午年生まれの相手とうまくやっていきたいのなら、あくまでも遊びに徹するほうがいいでしょう。。


☆未年生まれの人 [結婚すると大切なものを失う関係]

未年の人とは前進力が生まれないという"相性殺界"になります。
とくに未年の人は恥ずかしがりやなので、一緒になりたいと思ったら、あなたがプライドを捨ててまで追い続けなければなりません。
また、たとえ結婚しても幸福なのは一時的。
濃厚なセックスを望むあなたは、控えめで羞恥心の強い未年の人には物足りなさを感じ、心が外に向いてしまい、それが浮気となり、家庭や地位、財産を失ってしまうことになりかねませんので、くれぐれも用心することです。


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人+との相性】辰年&巳年

☆辰年生まれの人 [大人の恋を楽しむにはぴったりの相性]

火星人+には、辰年生まれの人の欠点が気にならず、不思議なほど優しい気持ちになれます。
結婚しても、まずは幸福で平穏な家庭を築くことができます。
ところが、火星人+の方がすぐに辰年以外の異性に興味を持ち始め、浮気に走って家庭を崩壊させてしまう可能性が出てくるかもしれません。

この組み合わせの二人の場合、結婚というよりは、会っているときだけを楽しむ「大人の恋」の方がいいでしょう。


☆巳年生まれの人 [接点のない悲しい関係]

巳年生まれの人は神経質なので、気ままに振舞う火星人+に対して反感を持ち、あなたのプライドを傷つけるようなことをズケズケといってくるでしょう。
それは、火星人+にとって巳年の人は"相性殺界"となるからです。そのため、セックスに対して開放的なあなたと、性に罪悪感をもつ巳年の人とでは、当然ギクシャクした関係になってしまいます。


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人+との相性】寅年&卯年

☆寅年生まれの人 [心を開ける頼もしい相手]

寅年生まれの人とは、会ってすぐに惹かれ合うものを感じますが、2人とも人見知りをしてしまうために、なかなか親しくなれません。ただ、2人の間に共通の友人がひとりでもいれば、関係は急速に接近していくでしょう。

また、寅年の人はあなたに対して、とても誠実で、信頼できる相手です。
セックスの相性も抜群といえるでしょう。


☆卯年生まれの人 [フィーリングもぴったりのよきライバル]

卯年生まれの人は、とてもセンスがいいので、火星人+のフィーリングにぴったりと合います。
ともに感性が豊かですから、仕事ではお互いが刺激しあって才能を磨き合うことができます。
この2人が組めば、大きな財を生み出す可能性が大です。


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人+との相性】子年&丑年

☆子年生まれの人 [息がぴったりの最高の相性]

子年生まれの人は、なにかと気の合う相手で、火星人+のアイデアを成功に導いてくれる存在です。

しかも、2人で同じ目的を持つと、その相性は最高のものとなるはずです。
恋人としても、友だちとしても、息がぴったり合い、やることなすことすべて楽しいという関係に。
ただし、セックス面だけは精力絶倫の子年生まれの相手に翻弄されそうです。


☆丑年生まれの人 [家庭運があまり望めない相性]

丑年生まれの人とは、子宝には恵まれますが、家庭を大事にしていきたいと考える火星人+は、相手の気ままな性格を不満にかんじてしまいます。
しかも、丑年の人はともすると浮気やギャンブルに走り、家庭崩壊を招いてしまう恐れもあります。

しかし、火星人+が"大殺界"の運気に入っているときには、丑年の人はピンチを救ってくれるパートナーになることは間違いありません。


(参照:六星占術による火星人の運命

六星占術による相性

六星占術による相性占いは、2つの面があるそうです。

ひとつは、生まれつき定まっている相性。
→これを「相性」(地運)と呼ぶ。
 これは運命星(例:火星人+)と相手の干支(例:酉年生まれ)で占います。

もうひとつは、時間の経過によって変化していく相性。
→これを「相性運」(天運)と呼ぶ。
 これはお互いのその年の運気の組み合わせで占います。

天運の方が、より重要らしいです。
どんな人も年ごとに運気が変化していきますから、その組み合わせによって決まる「相性運」(天運)も当然変化していくそうです。

同じ相手でも、知り合う時期で2人の運命が変わってしまうというのは、実社会では当たり前といえば当たり前ですよね。
そのあたりも考慮のうえ判断できるのが、ただの星占いや血液型占いの相性診断と比べて、六星占術の強みと言えるかもしれませんねー。

ということで、火星人+の「相性」(地運)&「相性運」(天運)を見ていこうと思います。

(出典:六星占術による火星人の運命

【火星人の才能・進路・適性】プロ意識が強く、努力を惜しまない

感受性の鋭い火星人には、芸術関係の仕事が適しています。ミュージシャン、舞踏家、陶芸家、画家、イラストレーター、漫画家、スタイリストなど、繊細な感覚で自分の個性を表現するような仕事がいいでしょう。書道家、華道家、茶道家としても、その道を究めることができます。

また、火星は「水守りの星」と呼ばれているように、"水"に関係する職業につくと成功する可能性があります。たとえば、海運業、造船業、治水土木工事関連業や、バーや喫茶店、スナックなどの文字通りの水商売もいいでしょう。

火星人はお金のために働くのではなく、生きがいを持てる仕事につき、プライドを貫くことによって、仕事運が向上していくのです。

火星人が大志を抱けば、この世にできないことはない、というところまでいきます。


☆コメント

たしかにお金のために働くのは、ダメなんですよねー。
その代わり、やりがいにはまると壊れかけるところまで行っちゃう(笑)
芸術関係か、水商売。
うーん、参考にしましょう♪


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人の結婚・家庭】好運期での結婚が絶対条件

火星人はもともと六星人の中でも家庭そのものが幸せの根拠地となる星のため、おおむね家庭運は良好とのこと。

とくに、好運気の年に結婚できれば生涯幸せでいられるらしい。
逆に「殺界」の期間中に結婚すると、必ずといっていいほど家庭は崩壊してしまいます。「殺界」の運気が家庭生活に大きな影響を与えるので、家庭不和や経済苦を招いてしまうからです。
また、好運期に結婚したとしても、「殺界」に入ったとたんに様々なトラブルが続出するのは避けられません。

陽(+)の人は、子供を産み育てることが人生の目標となります。
どんな状況になっても温かい家庭を保つための努力を惜しまず、男女ともに家庭を大事にするよき親になるでしょう。

陰(−)の人は、子供をなかなか授からない場合が多いようです。
たとえ子供が生まれても病気や事故で早世してしまうなど、子供との縁は薄いといえます。
また、恋愛はたくさんしても、何か障害があらわれて、結婚までなかなかたどりつけないことも。
むしろ、結婚にはこだわらず、独身生活を謳歌したほうがいいかもしれません。


☆コメント
私は独身なので、なんともコメントしようがないのですが。。。
陽(+)の人はいいけど、陰(−)の人はけっこう最悪だなぁ。。。
陽(+)でよかった(笑)

(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人の恋愛・セックス】セクシーでチャーミングなのに。。。

なかなか本心を明かそうとしない火星人の言動は、神秘的で謎めいた魅力となって多くの異性をひきつけます。

しぐさや体つきがセクシーでチャーミングな人が多いので、異性の注目の的となりますが、持って生まれたプライドの高さと人見知りする性格のため、自分から声をかけたり、告白することができず、幾度となく実るはずの恋を逃してきたはずです。

たとえ付き合うことができたとしても、火星人は相手を好きになればなるほど、気まぐれな面、いい加減さが出てしまい、中には“何を考えているか分からない”と離れていってしまう人もいます。

セックスに関しては、陽(+)の人はノーマルですが、陰(−)の人は精力絶倫で男女ともに朝から晩までセックスを求めているといっても過言ではありません。

また、陽(+)の人は子宝に恵まれますが、陰(−)の人は概して子どもに縁が薄く、不妊症の人が多いのも特徴です。

☆コメント

火星人は、結局、モテるのか? モテないのか?
まぁ、どこにも変わったものに興味を持つマニアが存在する、ということでしょうか!?(笑)


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人の性格】プライドが高く、フィーリングまかせの行動派

火星人は感受性が鋭く、自分自身の世界をとても大切にします。人見知りも激しいため、他人にはなかなか心の内をみせようとしません。
これは多分に火星人の中にあるプライドの高さや警戒心の強さが影響しています。
しかし、他人を第一印象や外見で判断しないのが火星人のいいところです。

人に対しては慎重な反面、行動はフィーリングを大切にし、なによりも自分の感性を優先します。
金銭面でも、気に入ったものを見つけると、後先考えず、つい衝動買いをしますが、すぐに飽きて次のものを…、と無駄遣いで散財しがちです。
お金を貯めるのは大の苦手といってもよいでしょう。

ただし、一度はじめたことは最後までやりとおす意志の強さがあります。
たとえ思いつきで行動したことだったとしても、なにがあっても目的を達成するまでは忍耐力を発揮して、頑張ろうと努力します。

このような性格は、他人から見ると、なにを考えているのかよくわからないうえに頑固者にも見え、付き合いにくい人という印象を与えがちです。
しかし、他人にどう思われようと「人は人、自分は自分」ときっぱり割り切っていますから、周囲の反応や批判などに動じることもありません。

そして、このように自分勝手でわがままな人に見えても、ひとたび相手に心を開くと、相手を徹底的に信頼し、とことんつき合うことになるのもまた火星人なのです。


☆コメント
自分を鑑みて「ほぼ当たってるなー」と思います(笑)

人に「変わってるね」と言われることは数知れず。。。
日頃は合理的な思考で動いているのに、肝心なときはフィーリング重視になるので、余計、人からは理解されにくいみたいで。。。

ただし、散財癖はないですなー。
どちらかというと、衝動買いというよりは、吟味に吟味を重ねるタイプなので。


(参照:六星占術による火星人の運命

すべてはこちらから↓

Menu

Profile

CHARA。横浜在住。O型。
奇人変人の火星人+な男。おとめ座。
動物占いはペガサス。
とことんはみだし者w

Trackbacks