| 火星人プラスな男HOME |

【火星人の才能・進路・適性】プロ意識が強く、努力を惜しまない

感受性の鋭い火星人には、芸術関係の仕事が適しています。ミュージシャン、舞踏家、陶芸家、画家、イラストレーター、漫画家、スタイリストなど、繊細な感覚で自分の個性を表現するような仕事がいいでしょう。書道家、華道家、茶道家としても、その道を究めることができます。

また、火星は「水守りの星」と呼ばれているように、"水"に関係する職業につくと成功する可能性があります。たとえば、海運業、造船業、治水土木工事関連業や、バーや喫茶店、スナックなどの文字通りの水商売もいいでしょう。

火星人はお金のために働くのではなく、生きがいを持てる仕事につき、プライドを貫くことによって、仕事運が向上していくのです。

火星人が大志を抱けば、この世にできないことはない、というところまでいきます。


☆コメント

たしかにお金のために働くのは、ダメなんですよねー。
その代わり、やりがいにはまると壊れかけるところまで行っちゃう(笑)
芸術関係か、水商売。
うーん、参考にしましょう♪


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人の結婚・家庭】好運期での結婚が絶対条件

火星人はもともと六星人の中でも家庭そのものが幸せの根拠地となる星のため、おおむね家庭運は良好とのこと。

とくに、好運気の年に結婚できれば生涯幸せでいられるらしい。
逆に「殺界」の期間中に結婚すると、必ずといっていいほど家庭は崩壊してしまいます。「殺界」の運気が家庭生活に大きな影響を与えるので、家庭不和や経済苦を招いてしまうからです。
また、好運期に結婚したとしても、「殺界」に入ったとたんに様々なトラブルが続出するのは避けられません。

陽(+)の人は、子供を産み育てることが人生の目標となります。
どんな状況になっても温かい家庭を保つための努力を惜しまず、男女ともに家庭を大事にするよき親になるでしょう。

陰(−)の人は、子供をなかなか授からない場合が多いようです。
たとえ子供が生まれても病気や事故で早世してしまうなど、子供との縁は薄いといえます。
また、恋愛はたくさんしても、何か障害があらわれて、結婚までなかなかたどりつけないことも。
むしろ、結婚にはこだわらず、独身生活を謳歌したほうがいいかもしれません。


☆コメント
私は独身なので、なんともコメントしようがないのですが。。。
陽(+)の人はいいけど、陰(−)の人はけっこう最悪だなぁ。。。
陽(+)でよかった(笑)

(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人の恋愛・セックス】セクシーでチャーミングなのに。。。

なかなか本心を明かそうとしない火星人の言動は、神秘的で謎めいた魅力となって多くの異性をひきつけます。

しぐさや体つきがセクシーでチャーミングな人が多いので、異性の注目の的となりますが、持って生まれたプライドの高さと人見知りする性格のため、自分から声をかけたり、告白することができず、幾度となく実るはずの恋を逃してきたはずです。

たとえ付き合うことができたとしても、火星人は相手を好きになればなるほど、気まぐれな面、いい加減さが出てしまい、中には“何を考えているか分からない”と離れていってしまう人もいます。

セックスに関しては、陽(+)の人はノーマルですが、陰(−)の人は精力絶倫で男女ともに朝から晩までセックスを求めているといっても過言ではありません。

また、陽(+)の人は子宝に恵まれますが、陰(−)の人は概して子どもに縁が薄く、不妊症の人が多いのも特徴です。

☆コメント

火星人は、結局、モテるのか? モテないのか?
まぁ、どこにも変わったものに興味を持つマニアが存在する、ということでしょうか!?(笑)


(参照:六星占術による火星人の運命

【火星人の性格】プライドが高く、フィーリングまかせの行動派

火星人は感受性が鋭く、自分自身の世界をとても大切にします。人見知りも激しいため、他人にはなかなか心の内をみせようとしません。
これは多分に火星人の中にあるプライドの高さや警戒心の強さが影響しています。
しかし、他人を第一印象や外見で判断しないのが火星人のいいところです。

人に対しては慎重な反面、行動はフィーリングを大切にし、なによりも自分の感性を優先します。
金銭面でも、気に入ったものを見つけると、後先考えず、つい衝動買いをしますが、すぐに飽きて次のものを…、と無駄遣いで散財しがちです。
お金を貯めるのは大の苦手といってもよいでしょう。

ただし、一度はじめたことは最後までやりとおす意志の強さがあります。
たとえ思いつきで行動したことだったとしても、なにがあっても目的を達成するまでは忍耐力を発揮して、頑張ろうと努力します。

このような性格は、他人から見ると、なにを考えているのかよくわからないうえに頑固者にも見え、付き合いにくい人という印象を与えがちです。
しかし、他人にどう思われようと「人は人、自分は自分」ときっぱり割り切っていますから、周囲の反応や批判などに動じることもありません。

そして、このように自分勝手でわがままな人に見えても、ひとたび相手に心を開くと、相手を徹底的に信頼し、とことんつき合うことになるのもまた火星人なのです。


☆コメント
自分を鑑みて「ほぼ当たってるなー」と思います(笑)

人に「変わってるね」と言われることは数知れず。。。
日頃は合理的な思考で動いているのに、肝心なときはフィーリング重視になるので、余計、人からは理解されにくいみたいで。。。

ただし、散財癖はないですなー。
どちらかというと、衝動買いというよりは、吟味に吟味を重ねるタイプなので。


(参照:六星占術による火星人の運命

すべてはこちらから↓

Menu

Profile

CHARA。横浜在住。O型。
奇人変人の火星人+な男。おとめ座。
動物占いはペガサス。
とことんはみだし者w

Trackbacks